sleets_chiの日記

不妊治療と日々の暮らし

雇用保険の求職者給付の申請

こんにちはsleetsです。

 

先日、3年ほど勤めていたパートを辞めました。

 

なぜか?

 

体外受精(特に採卵周期)をしながらの勤務が正直しんどかったからです。

ほぼ立ち仕事だったので、採卵前は呼吸が浅くなって動くたびに息が上がって苦しかったです。

 

フルタイム勤務で体外受精をしている方は本当に尊敬します。

 

しかも、今回から病院を変えたため、職場の行き帰りに通院することが難しくなり、思い切って辞めました。時給面などは良かったんですけどね。

 

夫婦で話し合って、今のところ治療は移植3回までと決めているので、今回はリラックスして治療を受けたかったのです。

 

 

ハローワークへ申請に行くため下準備をしていると、不妊治療に専念する場合はすぐに働けないので受給期間延長申請を、の文字が・・・もしや給付を受けられないんじゃないか?と顔が青ざめました。

 

実際のところ、不妊治療をしているけれども、仕事はしたいのです。

あわよくば、治療の進み具合みながら自分のペースで仕事がしたいのです。

だって不妊治療ってお金がかかるものだから!

 

そんなこんなでハローワークに行ってきました。

不妊治療の話をせずに申請できるかな?と思いましたが、雇用保険説明会や失業認定日が治療とブッキングしそうな日程だったので、手続きを進めてくれている受付の人に、正直に不妊治療をしている事、在宅勤務の仕事をしたい旨を話しました。

 

話をした上で給付される方向にはなったのですが、このまま手続きを進めると失業認定日が採卵付近であったため、今回の申請は一旦キャンセルして採卵が終わってから再度申請することにしました。認定日に来れない場合は証明書等が必要になるとの事でした。この場を借りて、今回受付対応してくださった方ありがとうございました!

 

これで心置きなく採卵周期にはいれます!